秋到来、清掃の季節

毎日の天候に一喜一憂する日々が続きましたが、皆様、充実した夏を過ごされたでしょうか?

9月24日は清掃の日です。1971(昭和46)年のこの日に、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』、俗にいう『廃棄物処理法』が施行されたことにちなんでいるそうです。清掃の日をきっかけにこまめな清掃・不用品のリサイクルを心がけ、年末の掃除の負担を減らせるといいですね。結局負担を減らすには、毎日心がけることが肝要。ダイエットと似ていますね。

とかく面倒で大変な作業ととらえられがちなトイレ清掃。裏を返せば、普段からのこまめな清掃が一番大切である、と言えるのかもしれません。気を付けるべきポイントとこまめにトイレ清掃を行うコツが書かれた記事を見付けましたので紹介いたします。

(ウェブサイトCleanlink『Challenges Of Cleaning Restrooms』、『Five Restroom Areas That Lead To Complaints』を翻訳、引用しました。)

===引用ここから===

トイレ清掃の課題

トイレ清掃は、毎日行う作業の中で最も複雑で大変な作業の一つに挙げられる。使用するケミカルや作業方法が仕事を大変にしてしまう原因である。また、業界の時間水準的に照らすと、バキューム作業や濡れモップ掛け作業と比べた時、トイレ清掃は時間がかかる仕事の一つでもある。さらにトイレは他の場所と比べて小さな個室であるため、毎度きちんと洗浄し殺菌することが非常に重要である。しかし、トイレのサイズに関わらず根本的な手順は同じで、最高の結果を出すためには、最も安全にそして最も効果的な道具や手順を用いることが重要である。

PPE(personal protective equipment 個人用保護具)として、用途に適した手袋、顔面マスク、またきついケミカルを使用する場合はエプロンも挙げることができよう。日常清掃に使われるケミカルと言えばEPA(アメリカ環境庁)登録の殺菌剤、ガラスクリーナー、多目的クリーナー、金属クリーナー/ポリッシュが含まれる。道具(ツール)には色分けされたマイクロファイバー布、子羊の毛のダスター、ちり取り/ほうき、濡れモップとバケツのセットが挙げられる。消費財には、ハンドソープ、ペーパータオル、トイレットペーパー、ゴミ袋、衛生用品ゴミ袋等、使用毎に取り換えるものが挙げられる。機材類には用具の運搬補給やゴミ回収に使うトイレカートが挙げられる。

まず、トイレが使用されていないことを確認したのちトイレを閉鎖することから作業を始める。トイレ内側、小便器、またシンクに沿って、適切な殺菌剤をスプレーもしくは塗布し、充分な時間浸け置く。床を掃いてゴミやちりを取り除く。その際、間仕切り上部、通気口、棚、その他の汚れた箇所に注意を向ける。紙製品、石けん、その他消耗品の補充をする。便器ブラシを使ってトイレ/便器の内側をこする。殺菌剤を使って蛇口を含むシンク部分を洗浄する。また、よく触る箇所(例えば電灯のスイッチやトイレの各個室の鍵、その他汚れが目立つ部分)もよく洗浄する。ガラスクリーナーが使用に適切であることを確認した上で、鏡や金属面を拭く。常に適切な色の布を使用して複合汚染が起こらないように注意すること。そしてトイレから出て自分が通った箇所をモップ掛けする。また床が乾いて安全に歩ける状態になったら、立ち入り禁止の看板やフェンス等のバリアを取り除く。

以上に挙げた項目には、定期清掃のことは考慮に入れていない。例えば溶液を流して下水管掃除をすることや壁/通気口の洗浄、床のスクラブ洗浄などは含まれない。この工程に同意いただけるだろうか?どういう風にアレンジして作業するだろうか?

苦情につながるトイレ内の5つのエリア

適切な対応をせず、長い間苦情につながる状態になっている箇所が、トイレにはいくつかある。ここにそのような例を5つ挙げる。

  1. 男性用の強い尿の臭い:その原因をいくつか挙げることができる。例えば、間違ったケミカルを使用すると臭いにつながる。便器がある場所の壁や仕切りの尿はねを、毎晩必ず洗浄するようにすること。
  2. 女性トイレの汚れた汚物入れ:紙袋/ビニール袋を取り付けるか、容器を洗浄・殺菌する。
  3. 不適切な洗浄による蛇口の根元の堆積した汚れ:国や地域によっては水分中のミネラル分が多い場所があるが、これ以外の場合、蛇口とその周辺の清掃に時間を掛けていないのが汚れ原因で、その結果石鹸カスが堆積してしまうのである。
  4. ホコリっぽい通気口、仕切り壁の上部、壁:定期的に、1週間に1度は清掃対応するべきだ。背負い式バキュームにホースと先端ツールを取り付けて使用することを考える。
  5. 床のグラウト材の退色—特に便器周辺部:汚れたモップ、汚れた溶液、そしておそらく間違ったケミカル製品の使用が一因だ。常に清潔なマイクロファイバーモップと洗浄溶液を使うことを考えること。また、グラウトの線に最も効果的な製品は何か試行錯誤し、見極めること。グラウトとセラミックタイルをきれいに、臭いが無い状態に保つ最善の方法は、汚れが堆積して落ちにくくなってしまう前に、通常の汚れや尿汚れにも効くケミカルを色々試してみることだ。グラウトは多孔質の砂であり、洗浄とシーリング塗布が必要であると認識することが、トイレ内の臭いを防ぐためにとても重要である。

===引用ここまで===