梅雨の季節です

さて、緊急事態宣言が解除されました。自粛生活から徐々に平常に戻る方向に世の中が進んで行く中、洗浄+消毒のクリーニングに注目が集まっています。引き続き体調管理を怠りなく過ごしましょう。感染症予防にアンテナを張っている人が多い中、忘れないようにしたいのは床の清掃です。湿気が多いこの季節、床の清掃は特に丁寧に行いたいですね。カーペット清掃についての事実が記載された興味深い記事がありましたので引用します。
(ウェブサイトCleanlink 『床カーペットケアの神話を解く』を翻訳、引用しました。)

===引用ここから===

床カーペットケアの神話を解く

ウィッテカー社の協力により提供

水分量は多い方がいい?少ない方がいい?定期的または時折の清掃?施設の清掃メンテナンス専門家として、カーペットケアの最善を追跡することは非常に困難です。施設の清掃管理者とその従業員を支援するために、低湿度カーペットクリーニングのリーダーであるウィッテカー社は、5つのカーペットケアの神話の背後にある真実を明らかにしました。

「誤った情報と不十分な研修は、床の外観と寿命に影響を与える神話につながる可能性があります」と、ウィッテカー社のテクニカルサービスディレクターであるジョー・ビシェロ氏は言います。「施設の清掃管理者は、従業員がカーペットの適切なケアの手順を理解し、必要な知識、機械、工具、ケミカルを労働者に提供するようにする必要があります。」

1.マットは季節を問わず1年を通して必要→正

マットの使用はダメージの予防となるメンテナンスとして1年中不可欠です。地域によっては、厳しい冬を経験するため、塩、砂、過剰な湿気が施設に侵入します。 雪は通常、温暖な気候地域には影響を与えませんが、降雨は泥だらけの濡れた靴を室内やカーペットに持ち込む可能性があります。したがって、施設は1年の間、12か月間マットを必要とし、掃除機をかけることと必要に応じてマットの交換を優先する必要があります。

2.定期的な掃除機は必要→正

掃除機がけはすべてのカーペットケアプログラムの重要な部分ですが、定期的な中間メンテナンスは、汚れや埋め込まれた汚れを取り除くのに役立ちます。ウィッテカー社を代表してハリス世論調査がオンラインで実施した調査によると、18歳以上の米国の2,012人の米国人の93%が、施設内の汚れ、動物の毛、食品の残留物などの汚れたカーペットは、その施設に対する彼らの認識に悪影響を与えると答えています。 したがって、包括的なカーペットケアプログラムを実施することは、顧客満足度を維持するために重要です。

3.ケミカルで瞬時に汚れは浮くはず→誤

高品質のケミカルが特定の汚れにすばやく目立つ影響を与えることは事実ですが、ケミカルを塗布した数日後に他の汚れが再び現れる場合があります。 血、赤ワイン、粘土などのしつこい汚れをあきらめないでください。 このような場合は、ケミカルを再塗布してかき立て(こすり)カーペットの繊維から汚れを取り除くことが重要です。

4.水分は多いほど効果的→誤

水分はカーペットのケアに欠かせない要素ですが、カビ、悪臭、繊維の損傷を引き起こす可能性があるため、床を過度に飽和させないことが重要です。低水分のカプセル化は、使用する水がはるかに少なく、カーペットを20〜30分以内に乾燥させることができるため、より持続可能で生産的なプロセスになります。 さらに、施設の清掃管理者は、特定の機械やケミカルを使用すると、製造元の保証が無効になる場合があることを理解する必要があります。 したがって、彼らは機械がどのように作動するか、そしてそれがカーペットの繊維や保証に悪影響を及ぼすかどうかを注意深く見なければなりません。

5.過剰な洗浄はカーペットの損傷につながる→正

一部の施設では、普段のバキューム処理と中間メンテナンス(重点的に清掃する定期的な大がかりな清掃)の間の時間を延長して、摩耗を防ぎます。 ただし、カーペットの手入れが適切に行われていれば、定期的かつ徹底的なメンテナンスによって損傷が生じることはありません。 カーペットは、何十年もの間、人の往来、流出、および機械的攪拌に耐えるように設計されています。 人間工学に基づいた軽量の機械を使用し、メーカーの指示に従って適切なシステムとケミカルを使用することで、カーペットの寿命を延ばすことができます。

===引用ここまで===