ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2021に出展します

『ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO2021』に弊社の出展が決まりました。新製品や各種セミナー等役立つ情報が得られるかもしれません。お時間ございましたら足をお運び下さい。

11月24日(水)10:00-17:00

11月26日(金)10:00-17:00

会場:東京ビッグサイト西展示棟3・4ホール

さて、今回は、清掃や消毒を効率化させるための先端技術について興味深い記事がありましたのでご紹介致します。

(ウェブサイトCleanlink 『Analyzing Advanced Technologies For Commercial Cleaning 』を翻訳、引用しました。)

===引用ここから===

商業施設の清掃に必要な先進技術の分析

コロナのパンデミックにより、定期的な清掃や消毒への期待と需要が更に高まっています。その結果、効果的かつ効率的に消毒するための新しい製品や技術が次々と市場に登場しています。しかし、様々な製品の謳い文句や選択肢の中から、信頼できるソリューションを見極めるのは非常に困難です。実際のところ、多くの製品は宣伝文句に見合うものではありません。私たちの目標は、神話を解き明かし、企業経営者がどのような業務用洗浄・消毒技術が実際に機能するのかを理解できるようにすることです。

  • EPAリストN 殺菌剤

これらの殺菌剤は、SARS-CoV-2やCOVID-19の原因となる新型ヒトコロナウイルスに対して、EPA(米国環境保護庁)が使用を認めた製品です。使いやすい塗布方式で、主にドアノブや電話機などの手に触れる部分を消毒するために常備しておきたい製品です。なお、これらの殺菌剤を使用する際には、ラベル記載の適切な滞留時間を守ることが重要です。

  • スチームクリーナー

スチームクリーナーは、手の届かない場所や布張りの家具など多孔質の表面に付着した細菌やウイルスを安全に殺菌することができます。ただし、スチームは木や大理石などの表面にダメージを与える可能性があることに留意する必要があります。細菌やウイルスを死滅させる効果は実証されていますが、表面の種類や蒸気の温度などに違いがあるため、殺菌効果を得るための必要時間を知ることは困難です。また、これらの機器に使用されている特定の消毒剤がSARS-CoV-2ウイルスを死滅させる能力があるかどうかを知ることも重要です。

  • UV(紫外線)技術

UV技術は、「紫外線殺菌灯」、「UV-Cライト」、「LEDブルーライト」などの名称で知られています。UV-Cは他の処置と組み合わせて使用されることがよくあります。UV技術は効果的なのですが、この技術を導入するためには作業場を改装する必要があり、多くの企業にとってはコスト高になってしまうことがあります。その問題を解決するために、特殊な電気機器を設置することなく同じ役割を果たすことができる電球などの新しい技術が登場しています。この新技術は病室や外来の医療機関にも適しているのではないでしょうか。

  • ロボット

パンデミックは多くの困難をもたらしましたが、同時にイノベーションを生み、ロボット工学の利用は業界に革命をもたらしました。効果的かつ効率的な殺菌を実現する紫外線照射ロボット、殺菌剤を噴霧するロボット、殺菌用ドローンなど、病院からホテルまで、公共環境のさまざまな分野で新技術が導入されています。猛烈なスピードで進化を続けるこの分野において、このような殺菌機器の新技術は、効果が評価され、改良が加えられ、コストが管理できるようになりつつあります。このような変化の中で迎える来年の動向が注目されています。

 

  • 静電気スプレイヤー

このパンデミックで、静電気スプレイヤーが広く使われるようになりました。これは、殺菌剤と空気を混ぜ合わせ、スプレーノズル内の電極を通して殺菌剤に電荷を与えるというものです。殺菌剤は表面に噴霧されます。 負の電荷を帯びた表面が正の電荷を帯びた殺菌剤と結合することで、殺菌剤がより均一かつ完全に塗布され、病原菌の死滅を助けます。このプロセスの利点の一部を以下に紹介します。

  • すべての表面や手の届きにくい場所に殺菌剤を塗布することができ、殺菌時間を従来の方法の50%に短縮できる
  • より効率的かつ制御された方法で化学物質を塗布できる
  • トリガースプレーで起こりがちな液溜まりを防ぐことができる

EPAは、静電気スプレイヤーを「低圧スプレー」とみなしています。消毒液のラベルに「低圧噴霧器」または「低圧粗噴霧器」という文言が含まれている場合は、静電気スプレイヤーで使用できます。静電気スプレイヤーは、広範囲の表面を消毒するのに有効ですが、確実な結果を得るためにはトレーニングが必要です。

  • フォガー

フォガーは、殺菌剤の小さな液滴からなる霧を放出します。霧の粒子は非常に小さいので、空気中のウイルスやバクテリアを殺すのに十分な時間空気中に浮遊します。また、天井、壁、家具、床などの表面に付着した病原菌も殺菌し、手の届かない場所にも素早く効率的に到達することができ、ほとんどの場合、家具や機器を移動させる必要がないため、清掃作業を簡素化することができます。EPAは、フォガーによる消毒を「燻蒸消毒」や「ワイドエリアスプレー」と呼んでおり、燻蒸の使用が指示されているEPA承認の消毒剤であれば、フォガーに使用できる可能性が高いです。フォガーやミストは以下のような効果があります。

  • 空気中の細菌やバクテリアの殺菌
  • 天井、壁、家具、床などの表面に付着した病原菌の殺菌
  • 家具の裏や下など、掃除のしにくい場所の殺菌

一般的に、フォグやミストに含まれる粒子は非常に小さく細かいため、すぐに蒸発してしまい、拭き取りの必要はありません。ただし、清掃する表面の質によっては、滞留時間が経過した後に拭き掃除をしたほうがよい場合もあります。また、フォグやミストによって飽和状態になる可能性のある紙の書類等は取り除いておくのが賢明です。

  • 抗菌性表面保護製品

抗菌性表面保護製品は、表面にスプレーまたは拭くことによって長期的に表面を保護します。消毒された表面に塗布して乾燥させると、溶液は独自のスパイク構造と正の電荷を持つ共有結合を形成します。接触すると、トゲが微生物の細胞壁を突き破ります。多くの洗浄・消毒技術と同様に、製品開発においても大きな進歩が見られます。

長期的な効果を謳うEPA登録製品の使用用途は、硬い非多孔質の表面上の臭いの原因となる細菌の制御に限られています。EPAの研究者は、時間が経過しても表面に残る抗菌製品の殺菌力が維持されるか、また、日常的な清掃や自然な風化を含む通常の使用で製品の殺菌力がどの程度持続されるかについて明らかにしたいと考えています。

商業施設の清掃・消毒は、非常に複雑な作業であり、効果的な結果を得るためには、適切な環境で適切なツールを使用するための深い知識が必要です。新しい製品や技術が登場すれば、企業は間違いなく細菌と戦うための方法を得て、可能な限りクリーンな空間を作り出すことができるでしょう。しかし、最も難しいのは、どのツールが最適なのかを判断することです。

新しい技術を検討する際には、その技術の複雑さや効果的な使用に必要な投資、他の技術と比較した場合の実績、そして、その技術を日々の清掃・消毒方法に組み込むことで生じる短期的・長期的なコストを常に考慮する必要があります。お客様はプロのクリーニングサービスを利用することで、清掃や消毒を自社管理するストレスから解放され、全ての表面を適切に処理することができようになり、大きな意思決定を行う負担、投資の負担を軽減することがでるのです。 ===引用ここまで===